憲法9条という「化け物」4

5.化け物を退治しようとする男

化け物は退治をしたくない勢力(主に野党とメディア)を味方につけて、その勢力を拡大していった。しかし、一人の男が現れた、安倍晋三という男だ。祖父はあの岸信介。安倍は2006年9月に第一次安倍政権では、憲法改正までは届かず職を辞したが、2012年12月に第二次安倍政権として復帰した。

そして、遅々としてすすまない憲法論議を促進するために、2017年5月3日、ビデオメッセージで、新憲法施行年を2020年としたいと表明した。改憲案の具体的内容として、現憲法の9条1項及び2項を堅持した上で自衛隊の根拠規定の追加や、高等教育を含む教育無償化への意向を表明した。

安倍は「自衛隊は必要最小限度の実力組織であり、憲法における軍隊ではない」という考え方を取っているが、国際法的には軍隊であるという立場をとっていること。また、イージス艦を数隻も所有し、5兆円以上の防衛費がある自衛隊が軍隊ではないということは、国際社会的に非常識であると国内外の矛盾をなくすべきだと訴えた。そして、自衛隊の違憲論に終止符をうつべきだとした。

しかしその憲法議論は、野党はもとより与党である公明党が議論に入ろうとせず、昨年末の国会ではその入り口である憲法審査会の議論さえできなかった。憲法改正法案が成立するには、衆院の審査会に提出され、本会議で趣旨説明・質疑を行った後、審査会で本格的な審議に入る必要がある。ここで過半数の賛成で可決し、さらに本会議で総議員の3分の2以上で可決、参院でも審査会の審議、採決、本会議採決と同じ手続きを踏んで改正案が成立。その後国民投票となり、成立には国民の過半数の賛成と険しいハードルが待っている。

過去に2/3の壁に阻まれて何度も退治ができなかったこの「化け物」と化け物を援護する野党やメディアは、今夏の参議院選挙までの時間切れを狙っている。参議院は、全議席242の2/3は162議席。自民125、公明25に11議席の日本維新を合わせてやっと161。希望の党や改憲に前向きな無所属議員らをかき集めてやっと3分の2以上を確保できるという、ギリギリの状況にある。参議院選挙で与党がその数を減らせば、参議院における2/3議席は崩れる。

(続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です